田舎あつあげと生あげと薄揚げの違い

まず、製造に関わる手間暇と時間が違います。製造時間は、薄揚げで2時間、生あげで1時間、田舎あつあげでは、4時間かかります。もちろん機械化は、田舎あつあげの場合は出来ませんので、1日の生産量が生あげや薄揚げとは、極端に少なくなります。

田舎あつあげの出来るまでは、次のページで紹介しています。
           

 一般で言うあつあげのことを奈良県天理地方では、生あげと呼びます。
  田舎あつあげ 生あげ 薄揚げ  
食べ方のページへリンク
  生地がたっぷりとあり、スポンジ状なので出汁が染みこみやすい。
煮込み、おでんなどに最適。
表面が堅く、焼いてたべるのに適している。
中は、豆腐の状態がそのまま残っている。
揚げそのものの味より、引き立て役での調理法が多い。

田舎あつあげの歴史を紹介します。